混沌DICE
ワーネバプルトの愛しい地元民を中心に自由気ままに語ってます。寿命などのネタバレにご注意を!詳しくは「はじめに」をご覧ください
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラモーンズ・ハンマー
私の中の愛しのミスター・イムこと、ラモーンズ・ハンマーラモーンズ・ハンマー
彼との出会いはまだプルトをプレイし始め間もない頃でした

当時、まだ「イムみたいな性格」がどういう性格なのかもわからず
彼にデートに誘われ、普通にOKを
そして翌朝、待ち合わせの大通り南へ行ったんですが、
人がもう疎らになっても何故かラモーンズが来ない

仕方がないので彼の家のあるバハ区の方へ迎えに行くことに…
するとちょうど住居エリアから出て来たラモを発見!
だが、何故かバハウルグの方へ歩いて行く
慌てて追いかけ「大通り南で待ち合わせだからね」と言うと
「約束だからね」と返事が返ってきた
ちゃんと約束は有効らしい

で、その後持ってたチグリをバハウルグで納品する彼

え、デートよりそれ優先なのか?(ノД`)

でもまぁ、そこまでは「そういう人もたまにはいるよね」と
それ位の気持ちでした

その後、大通り南に行くと思いきや
アイシャ湖経由でガアチ区エリアの住居エリアに入って行くラモーンズ
そして一軒の家に入るとそこには赤ん坊が…

ちょっ、デート…

別に今日生まれた子ではない
ナニコレ?バグ?

そしてその後、やっと大通り南へ向う
もう閑散として誰も居ない
居るのは待ち合わせ相手のPCだけ…
めっさ見通しがいい
なのに彼は誰かを探すようにそこでまったりと2周廻った
で、やっと「おーーい!」っておせーーよ!!

もうこの一件で私の中で彼の名は忘れられない名になりました

でもその後、何度ミウラ国に入国してもこの時の様な
面白い行動はしてくれない愛しのラモーンズ・ハンマー
というかあの子供は誰だったんだろう?(笑)




Copyright © 混沌DICE. all rights reserved./ ©althi Inc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。